読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬研究所

競馬を楽しみながら日々研究していくブログです。予想技術はもちろん、馬券構築技術も鍛えていきたいです。

オークスの好走馬の前走距離の傾向をしらべてみました。

こんにちは。ししゃものあたまです。

今日は過去5年オークスの好走馬の前走距離を調べてみます。

そこに大きなバイアスはあるのでしょうか。

では見ていきましょう。

 

 ◆オークス過去5年好走馬の前走距離

左から着順・人気・前走距離・前走着順

2016年

1 1 1600 2
2 2 2000 1
5 2000 5

2015年
1 3 2000 1
2 1 1600 9
6 1600 2

2014年
1 2 1600 3
2 1 1600 1
3 3 2000 11

2013年
9 1600 10
5 2000 2
3 1 2000 1

2012年
1 3 1600 1
2 2 1600 2
9 2000 2
※人気薄は赤色で表示

前走1600m 8頭 2000m 7頭

ほとんどの馬がオークスで初の2400mとなるので、距離短縮組はいないです。意外なのは前走2000mよりも大幅な距離延長になる1600m組の方が馬券になっている馬の頭数が多い事。これは桜花賞組が強いということになっています。

オークスに出走するほとんどの馬は初の距離になるので、スローになることが多く、マイラー気質の馬でも好走してしまうと考えられます。

前走スローな1600mの好走馬と、ハイペースな2000mの好走馬では、前者の方が適性があるのかもしれませんね。